冨士エコツアー・サービスのガイドコース (全6コース)

2015年08月26日

◆富士山で小学生の転倒事故。

◆富士山で小学生転倒 2015.08.25 山梨日日新聞

 24日午後3時ごろ、富士山八合目付近で、下山中の愛知県豊田市の男子小学生(10)が転倒した。男児は物資運搬用の重機で五合目に搬送された後、救急車で病院に運ばれ、胸部を打つ軽いけが。
 富士吉田署によると、男児は同日午前6時ごろ、父親と弟と一緒に五合目を出発し、登頂後の下山中に足を滑らせて転倒した。
posted by スタッフ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故

2015年08月25日

◆富士下山中に転倒 ドイツ人医師骨折

◆富士山で骨折事故 担架で運ばれる  2015.08.23 山梨日日新聞 

22日午後2時半ごろ、富士山七合目(標高2850m)下山道のトイレ付近で、ドイツ国籍で、同ベルリン市内在住の小児科医、ヒィップッシュマン・メール・ウテさん(57)が下山中に転倒した。左足首の骨を折る重傷。
  富士吉田署によると、ヒィップッシュマンさんは同日午前6時半ごろ、ドイツのツアー会社の登山ツアーでほかの13人とともに五合目を出発し、登頂後の下山中に足を滑らせて転倒。富士山をパトロールしていた富士五湖消防本部署員が発見した。ヒィップッシュマンさんは同署員により担架で五合目まで運ばれた後、ツアーのバスで富士吉田市内の病院に搬送された。
posted by スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故

2015年07月25日

◆富士登山の参加者からの声。


◆富士登山にご参加のお客様からこんなメールを頂きました。
1437819548889.jpg
23日からファミリー富士登山1泊2日コースに我が子と二人で参加した斎藤です。
今まで特に登山に興味があった訳でもなく、ただ息子と日本で一番高いところに立ってみたいとの思いが、今回申し込みのきっかけとなりました。
この2日間は天気にも恵まれ、なんとか思いが実現できました。
一日目はそれほど疲れも感じませんでしたが、なれない山小屋での宿泊で一睡も眠れずに朝になってしまい、2日目の体調は最悪でした。
それでもガイドさんからの歩き方や、高山病対策のアドバイス、辛い時の励ましなどのおかげでなんとか登頂でき、そして無事戻ってこれました。
また下りは、思いもよらず別の御殿場ルートを案内して頂き、雑誌で見た大砂走りも体験でき、くたくたにはなりましたが本当にいい思い出ができました。
今、太ももがパンパンに張ってます(*_*)
今振り返っみたら、登頂できたのは本当にガイドさんのおかげだと思います。
ありがとうございました(*^^*)
posted by スタッフ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山登山

2015年07月23日

◆富士山で重傷事故発生

◆富士登山の81歳 転倒 重傷 2015.7.23 山梨日日新聞

  22日午前6時5分ごろ、富士山七合目付近の吉田口登山道で、下山していた岡山県久米南町全間、無職岩本義夫さん(81)が転倒し、あごの骨を折る重傷を負った。富士吉田署によると、山梨県側の富士山で1日の開山以降、登山者が重傷を負った事故は初めて。
  富士吉田署によると、岩本さんは大阪府内の旅行会社が企画した東京都内発の一泊二日のツアーに参加。ツアー参加者は約50人で21日に同登山道から入山し、七合目の山小屋に宿泊。岩本さんは体力を消耗していたため、ガイドから下山を勧められたという。このため岩本さんは22日午前6時ごろから、ほかのツアー客10人と下山を始めたが、約100メートル下った地点で転倒。「頭がくらっとした」と話していて、登山道の岩にあごをぶつけたとみられる。他のツアー客が山小屋に知らせ、山小屋関係者が119番。五合目から救急車で病院に搬送された。


posted by スタッフ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故

2015年05月29日

◆富士山の遭難事故 2014.12.28不明に

◆富士山で滑落 男性遺体収容    2015.5.29 山梨日日新聞

 富士吉田署は5月27日、昨年12月に富士山9合目付近で滑落し、行方不明になっていた富士吉田市下吉田、臨床工学技士宮下聡さん=当時(31)=の遺体を発見、収容したと発表した。
 同署によると、入山者が25日、滝沢林道近くから約200m登った4合目付近で倒れている男性を発見し、110番した。同署が身元を調べ、宮下さんと判明した。
 宮下さんは昨年12月28日に一人で山梨県側から富士山に登り、下山中に9合目付近で滑落したと家族を通じて110番していた。自力で6合目付近まで下ったと伝えた後、連絡が取れなくなっていた。
posted by スタッフ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故

2015年05月05日

◆富士山で落石 43歳男性軽傷

◆静岡県側、八合目付近で落石  2015.05.04  山梨日日新聞

  5月3日午後0時45分ごろ、静岡県側の富士山8合目付近で落石があり、登っていた放射線技師、峰健次さん(43)が右足を打って軽いけがを負った。御殿場署によると、石の大きさは直径約50センチで、峰さんは「急に上から落ちてきた」と話している。
  峰さんは友人と日帰りで登山している途中だった。自力で6合目(2400m)まで下山。午後2時5〇分ごろ、県警のヘリコプターが救助した。
posted by スタッフ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故

2015年04月08日

◆樹海にも遅い春がやってきました。

◆早春に黄色の花が多いのは?


冬の終わりから早春にかけて、樹海の林縁では「ダンコウバイ」「アブラチャン」や「キブシ」「ミツマタ」などの黄色の花が目につくようになります。早春の花はなぜ黄色が多いのでしょうか?

植物が目立つ美しい花を咲かせるのは、人の目を楽しませるためではありません。蜜を吸いに来る昆虫を呼び受粉するためで、そのために蜜を出すのです。春が半ばになると他の花が次々と咲き、虫を呼び寄せるライバルが増すので、その前に一足早く虫を呼ぶ策を取っているのです。黄色の花弁は光が通りやすく、花の中で反射して温度が高くなるという測定結果があります。まだ寒い中、やっと花にたどり着いた昆虫が暖かい花の中では活発に動き、花粉をメシベに受粉させてくれるのです。人も同じように春先の黄色の花を見ると、春が来た!と元気をもらいます。同じく早春を知らせる黄色い花に「マンサク」がありますが、東北地方で『まんず咲く』と呼ばれて付いた名前だといわれています。


ダンコウバイ.jpg

◆ダンコウバイ(檀香梅)/名前に梅という字が付くが、ウメ科ではなく、クスノキ科の植物で、種子や葉に強い香りがある。秋の黄葉も素晴らしい。
アブラチャン.jpg
◆アブラチャン(油瀝青)/アブラは日本語の「油」で、チャンは中国語で「瀝青」と言ってコールタールのような油をさす。つまり『アブラ・アブラ』ということになります。種皮や樹皮など木全体に油が多い木ということらしい。
キブシ2.jpg
◆キブシ(木五倍子)/キフジ(木藤)とも呼ばれる。和名は果実を染料の原料である五倍子(ふし)の代用に使ったことによるもの。江戸時代の既婚者の「オハグロ」の染料に使ったとされる。
ミツマタ.jpg
◆ミツマタ(三椏・三叉)/この枝は必ず三つに分岐するためこの名があります。和紙の原料としてコウゾ(楮)とともに、一万円札を作るのに使われる。
マンサク2.jpg
◆マンサク(満作・万作)/『まんず咲く』のほかに、花が沢山つくので、縁起を担いで「豊年満作」からという説もある。
posted by スタッフ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物

2015年03月25日

◆当社のエコツアーにご参加頂いた有名人!!

◆当社が富士山と青木ケ原樹海にご案内した有名人たち
2008.8. 水道橋博士・親子.jpg
◆2008.8月 タレントの水道橋博士が5才の息子さんとご一緒に当社のプライベート富士登山にご参加なさいました。
2009.6. カーク・レイナート.jpg
◆2009.6月 ニューヨーク在住の森のファンタジーアートの第一人者カーク・レイナート氏を樹海にご案内しました。
2009.7. 阿部祐二.jpg
◆2009.7月 富士山五合目の落石事故の取材で、阿部祐二リポーターを現場までご案内しました。
2009.9. はしのえみ.jpg
◆TBS「王様のブランチ」でお姫様姿のはしのえみ嬢を当社Bコースの火山洞窟にご案内しました。
2009.12. 阿部祐二.jpg
◆2009.12月 片山右京の遭難事故で、日テレ「スッキリ」の阿部祐二リポーターを現場へご案内しました。
2010.5. 安田美沙子・島田秀平.jpg
◆2010.5月 日テレ「幸せを呼ぶ開運ドライブ」で、女優の安田美沙子さんと占いタレント島田秀平を樹海へご案内しました。
2010.10 陣内智則・ロッシー.jpg
◆2010.10月 TBSテレビ「地球のしゃべり方」で、陣内智則と野生爆弾のロッシーを当社Bコースにご案内しました。
2011.6. 三船美佳.jpg
◆2011.6月 朝日放送「朝だ!生です・旅サラダ」の収録で三船美佳さんを樹海の洞窟へご案内しました。
2011.10. 横田真理子アナ.jpg
◆2011.10月 地元・静岡テレビの人気アナ・横田真理子嬢を当社Bコースの洞窟探検コースにご案内しました。
2011.10. 生田竜聖アナ.jpg
◆2011.10月 フジテレビ「めざましテレビ・ココ調」で、生田竜聖アナと青木ケ原樹海の磁力の実験をしました。
2012.1. 清水貴之リポーター.jpg
◆2012.1月 テレビ朝日「モーニングバード」の取材で、当社に清水貴之リポーターが来社しました。
2012.11. 根本りつ子.jpg
◆2012.11月 テレビ東京「大人の極上ゆるり旅」で、女優の根本りつ子さんを青木ケ原樹海にご案内しました。
2012.2. 佐々木亮太アナ.jpg
◆2012.2月 テレビ朝日「サンデー!スクランブル」の佐々木亮太アナが富士山噴火の取材に来ました。
2012.2. 大竹真アナ.jpg
◆2012.2月 日本テレビ「スッキリ」の取材で、大竹真アナを青木ケ原樹海にご案内しました。
2011.10. マイケル・リーヴァス.jpg
◆2011.10月 NHK国際放送「journeys in japan」で、人気司会者マイケル・リーヴァスを当社Eコースにご案内しました。
2013.5. 関口知宏.jpg
◆2013.5月 関口宏のご子息・関口知宏さんを青木ケ原樹海の森へご案内しました。
2013.6. 道端カレン.jpg
◆2013.6月 NHKBSプレミアム「まるごと知りたい!富士山AtoZ」でモデルの道端カレンを樹海にご案内しました。
2013.1. ポドロガル・ツヴェート.jpg
◆2013.1月 NHK国際放送の番組でスロベニア出身の国際山岳ガイドのポドロガル・ツヴェート氏を洞窟内にご案内しました。
2013.6. 望月理恵アナ.jpg
◆2013.6月 日本テレビ「ズームイン!サタデー」で「もっちー」こと望月理恵さんを樹海洞窟探検にご案内しました。
2013.9. トータル テンボス.jpg
◆2013.9月 TBSテレビ「な〜るほどトラベラーズ」で、お笑いタレント・トータルテンポスのお二人を洞窟にご案内しました。
2014.1. 篠原ともえ.jpg
◆2014.1月 BS朝日「ボクらの地球」で、タレントの篠原ともえさんを樹海の洞窟探検にご案内しました。
2014.4. 篠山輝信・古野晶子・大山行男.jpg
◆2014.4月 NHK「あさイチ」で、篠山輝信・NHK甲府の古野晶子アナ・写真家の大山行男さんと樹海の取材。
2014.7. 小林豊アナ.jpg
◆2014.7月 BS−TBS「ニュース少年探偵団」で、小林豊アナと子供たちを洞窟探検にご案内しました。
2014.7.  山中教授.jpg
◆2014.7月 ノーベル賞受賞者で京都大学の山中伸弥教授がお嬢様とお二人で当社のプライベート富士登山に参加頂きました。
2014.9. 乃木坂46.jpg
◆2014.9月 乃木坂46のメンバー7人が当社の案内で、6人が登頂を成功しました。
生田絵梨花・秋元真夏・生駒里奈・堀未央菜奈・松村沙友里・星野みなみ(登頂)桜井玲香(途中リタイヤ)

posted by スタッフ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ

2015年03月09日

◆緊急 樹海インタビュー

◆不定期連載「知り合いの社長にインタビューしてみよう」


◆今IT業界で求められる理想の人材像とは


昨年の12月、東京のウェブサイト制作会社のLIGINCという会社から当社に変わった依頼が持ち込まれた。青木ケ原樹海の森の中でインタビューをしたいので、ロケハンで樹海らしい雰囲気の場所をセッティングして欲しいというものだった。10ケ所ほどを案内して、結局、当社のBコースの火山洞窟が決まった。そのインタビューの模様が今月から下記のアドレスで公開されているので、興味のある人はご覧ください。


http://liginc.co.jp/omoshiro/pr_omoshiro/143736


jukai-12.jpg

氷点下の真冬の樹海でインタビューも変わっているが、インタビューの記事の中味も良く理解ができない。これがいまどきの若い人たちのセンスというものなのだろうと思うが、ロートルには理解を超えている。



jukai-24.jpg


【註】ロートルとは「老頭児」と書きます。こんな言葉をいまどき使う事自体、時代遅れの証拠。こちらも興味があればWikipediaで検索してみて下さい。

posted by スタッフ at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ

2015年03月08日

◆柱状節理とは?

◆富士山の溶岩流は玄武岩。


富士北麓の富士河口湖町に「宝石の館」という観光地がある。現在、その庭園の改修のため、駐車場の片隅に写真のような「六角柱」の石材が積んである。この石材は、富士山の溶岩流と同じ、玄武岩でできている。

玄武岩の六角柱2.jpg

溶岩が地上で急激に冷えて、このような六角形に固まったもので「柱状節理」とよばれている。兵庫県の玄武洞や宮崎県の高千穂峡が全国的には有名だが、全国で見ることが出来る。

伊豆爪木崎の柱状節理1.jpg

先日、伊豆の下田にある爪木崎に行って、写真のような見事な柱状節理を見てきました。昔、南の島だった伊豆半島がプレートに乗って、本州に衝突して隆起しできたものだという。

伊豆爪木崎の柱状節理4.jpg

現地の看板には、『火山の地下から上昇してきたマグマは、海底で噴火を起こさずに、地下にたまっている地層の隙間に入り込んで、そのまま固まってしまう事があります。こうしてできた岩体を「シル」といいます。俵磯で見られる岩体もこうしたシルの仲間です。岩体をいろどる六角柱状の割れ目は、マグマが冷える時の体積収縮によってできた「柱状節理」(静岡県指定天然記念物)です。』とありました。


 
伊豆爪木崎の柱状節理3.jpg
三角や四角、五角形のものも交じっている。

posted by スタッフ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山