冨士エコツアー・サービスのガイドコース (全6コース)

2013年01月20日

■富士山に登った歴史上の人物 その2

■富士山に登った人々 その2(歴史上の人物編)。

日蓮上人1.jpg
吉田口登山道の経ケ岳・六角堂と日蓮上人像
 
歴史上、富士山に登ったとされる人物には、空海弘法大師)・807年「甲州側より登り、石仏を勧進した」という。都良香・870年「富士山記の中で山頂に沸湯池があると記述」の伝聞。末代上人・1149年頃 富士山に数百度登頂。「奥宮の山頂に大日寺を建立」。親鸞上人・1228年「甲州側より登った」という。日蓮上人1229年「吉田口より登り、経が岳に妙経を埋めた」という。藤原角行1600年頃に合計128回登り、富士講を開いた。高山たつ・1932年「女性で最初の登山者」となる。ラザフォード・オールコック・1860年「西欧人初の登山者・英国初代公使」。パークス夫人・1867年「西欧人の女性初の登山者・英国公使夫人」。ウォルター・ウェストン・1890年「日本アルプス開拓の父といわれる英国人」。ラフカディオ・カーン・1898年「小泉八雲の名で知られる米国人」。テオドール・フォン・レルヒ・1912年「日本スキーの父といわれるオーストリア人・山頂よりスキーで滑降」。などがある。

ラザフォード・オールコック2.jpg
富士宮口五合目のオールコックのレリーフ



posted by スタッフ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61599375

この記事へのトラックバック