冨士エコツアー・サービスのガイドコース (全6コース)

2016年04月23日

◆富士山でスキー男性救助 2016.4.21 山梨日日新聞

◆スキー男性救助 警官が共に滑落

 4月20日午後6時45分ごろ、富士山八合目付近で、スキーで滑走中に転倒した外国人男性の救助に当たっていた山梨県警山岳救助隊の飛騨晶夫警部補(45)が、男性とともに滑落した。2人は脚などにけがを負ったとみられるが、命に別状はない。
 富士吉田署によると、同日午後1時20分ごろ、八合目付近でスキーをしている20代とみられる外国人男性が転倒したと、登山客から110番があった。県警の救助隊員3人がヘリで救助に向かい、男性をストレッチァーに乗せて下山していた際、飛騨警部補と男性が滑落したという。同署は今後、滑落の経緯を調べる。
 県警地域課によると、飛騨警部補は昨年4月以降、富山県警から山梨県警に出向していて山岳救助隊員を指導していた。

◆隊員が足首骨折 救助男性は軽傷 

 富士山で外国人男性がスキー中に転倒し、救助に当たった山梨県警救助隊員が男性と共に滑落した事故で、富士吉田署などは21日、2人を救助した。救助隊員の飛騨晶夫警部補(45)が右足首の骨を折り、オーストラリア国籍で北海道赤井村在住のスキーインストラクター、マーティン・アリスター・ジョンさん(21)が足などに軽いけが。
 同署によると、ジョンさんは20日午後1時20分ごろ、スキーで滑走中に八合目付近で転倒。飛騨警部補ら救助隊員3人が県警ヘリで現場に降下し、ジョンさんをストレッチァーに乗せて下山していた際、飛騨警部補とジョンさんが滑落した。


posted by スタッフ at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175014587

この記事へのトラックバック