冨士エコツアー・サービスのガイドコース (全6コース)

2016年04月10日

◆富士吉田署、きょう救助へ

富士山七合目 高校生が遭難 2016.4.10山梨日日新聞
 4月9日午後7時15分ごろ、富士山七合目付近で、東京都江戸川区に住むの男子高校生(16)から「身動きが取れなくなった」と家族を通じて山梨県警に通報があった。高校生にけがはないという。富士吉田署などが10日に救助に向かう。
 同署によると、男子高校生は9日午後2時ごろ、一人で富士吉田口登山道から山頂を目指して登山を開始。七合目付近で暗くなり、身動きがとれなくなったという。男子高校生は、登山経験がないといい、同署は七合目付近でとどまるように指示した。食料や防寒着は持っているという。県警ヘリ「はやて」と同署山岳救助隊が10日早朝から救助に向かう予定。

◆富士山で遭難の高校生救助 2016.04.12 山梨日日新聞

 富士吉田署は10日、富士山に一人で登山中、七合目付近で身動きがとれなくなっていた東京都江戸川区の男子高校生(16)を救助した。高校生にけがはなかった。高校生は同署に「日本一高い場所から景色を見たかった」と話したという。
 同署によると、高校生は9日午後2時ごろ、山頂を目指して吉田口登山道を登り始めた。七合目付近で暗くなり、身動きが取れなくなったため同日夜に家族を通じ県警に通報。県警ヘリ「はやて」が10日早朝に救助した。高校生に登山経験がなく、長靴にアイゼンを付けた状態で登山していたという。食料は持参していたが、ヘッドライトなどは準備していなかった。
 山梨、静岡両県などが策定した富士登山のガイドラインでは「万全な準備をしない登山者の夏山以外の登山禁止」とされており、高校生に再発防止を指導した。
posted by スタッフ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174846171

この記事へのトラックバック