冨士エコツアー・サービスのガイドコース (全6コース)

2017年10月31日

◆富士の見える不思議な滝の写真

2014年発行の『レンズが撮らえた幕末明治の富士山』という本の中に不思議な滝の写真が掲載されていた。国際文化研究センターというところが所蔵している「瀧」というタイトルの下の写真。

幕末から明治にかけて撮影されたと思われるが、撮影者も撮影年代も不詳で、長い間、私達ガイド仲間の間でも、どこで撮られた写真なのか疑問だった。富士山の形から推測すれば、白糸の滝方面から見る富士の角度だと思うのだが、白糸の滝・音止めの滝・陣馬の滝のどこにも当てはまらない。もしかして、幕末から明治頃までは白糸の滝の崖からの白糸は流れていなかったのかもしれないとい人もいた。


               不思議な滝の写真.jpg


ところが最近、ヤフーオークションにこれと似た滝の写真の絵葉書が出品されているのを発見。早速、入札して落札できた。それを見てビックリ、富士宮の「音止の滝」の絵葉書だった。白糸の滝から富士山が望めるのは知っていたが、音止の滝から富士山が見えるとは思ってもいなかった。現在ではすっかり対岸に森が出来て、富士山を見ることはできない。



音止の滝ハガキ.jpg

下の写真が現在の音止の滝で、対岸に富士山を望むことはできない。方向からすれば富士山が見えても何ら不思議はなかったのだが、まさに「灯台下暗し」とはこのことか。



OTODOME_FALL01.jpg



続きを読む
posted by スタッフ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山

2017年10月29日

◆桂文枝さん 73歳で富士登山で登頂!!

◆桂文枝さん 富士山頂で落語 芸能生活50周年を記念


 落語家の桂文枝さん(73)が2017713日、静岡県側の富士宮口登山道から富士山に登り、山頂にある浅間大社奥宮に落語を奉納した。芸能生活50周年を記念した企画。文枝さんは真剣な表情で約10分間、創作落語「富士山初登頂」の一部を口演した。

桂文枝の富士登山1.jpg

 文枝さんは同日午前4時すぎ、五合目を出発。途中風雨に見舞われながら、予定より約2時間半遅れて午後225分ごろ、霧に包まれた山頂に到着した。記念撮影では笑顔で「富士山頂へ、いらっしゃーい」と喜んだ。

 その後、紋付はかまに着替えた文枝さんは奥宮の社殿へ。関係者が見守る中、275作目となる創作落語の一部を演じた。


桂文枝の富士登山2.png

 所属事務所によると、富士山登頂は文枝さんの夢だった。10年以上前にプライベートで挑戦した際は途中で断念。今回は精力的にトレーニングを重ねてきたという。文枝さんは「こんなにきついとは思わなかった。九合目では体が動かなくなった。(山頂まで)登ったことで自信がつきました」と振り返った。

 文枝さんは昨年12月に芸能生活50周年を迎え、今年716日で74歳になる。


桂文枝の富士登山3.jpg

posted by スタッフ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山登山

2017年10月28日

◆富士山弾丸登山 女性が意識不明

◆静岡県側 搬送後に回復  2017.08.08 山梨日日新聞


 8月7日午前11時10分ごろ、静岡県側の富士山御殿場口で「仲間の体調が悪く身動きが取れない」と119番があり、県警が約2時間半後に意識不明となつていた女性を救助した。女性は病院搬送後に回復し命に別状はない。夜間に入山して眠らずに山頂を目指す「弾丸登山」をしていた。
 御殿場署によると、女性は愛知県弥富市又八3丁目、美容師伊藤ひかりさん(21)。伊藤さんは職場の同僚ら十数人と6日午後11時ごろ富士宮口五合目を出発。7日午前4時半ごろ山頂に到着したが、体調不良を訴えた。
posted by スタッフ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故

2017年10月04日

◆富士山 男性倒れ死亡

◆七合目付近 休憩中、病死か  2017.07.19 山梨日日新聞

 7月18日午後2時45分ごろ、富士山富士吉田口登山道の七合目付近(標高2700メートル)で、マレーシア国籍の男性(45)が倒れた。静岡県防災ヘリで富士吉田市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。富士吉田署によると、一日の山開き以降、登山中の死者は初めて。
 同署によると、男性は18日午後0時20分ごろ、山岳ガイドを含め25人のパーティーで五合目を出発。七合目の登山道で休憩中に倒れ込み、意識不明になったという。病死とみられる。山岳ガイドが五合目総合管理センターへ通報。男性を「クローラーダンプ」などで五合目まで下してから搬送した。


posted by スタッフ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故