冨士エコツアー・サービスのガイドコース (全6コース)

2015年12月01日

◆青木ケ原樹海の「目玉おやじ」

◆漫画家・水木しげるさんのご冥福をお祈り申しあげます。

5目玉おやじ5.jpg

ゲゲゲの鬼太郎」などの作品で親しまれた漫画家の水木しげるが亡くなったと今朝のニュースで知りました。「ゲゲケの鬼太郎」の中に「目玉おやじ」というキャラクターが登場するが、青木ケ原樹海にも「目玉おやじ」が顔を出します。それは5月から梅雨にかけて、暗い森の中に姿を現す「ギンリョウソウ(銀竜草)」という葉緑素を持たない白い花で、「幽霊草」とか「幽霊茸」と呼ばれたりもします。こうした葉緑素を持たない植物を一般に「腐生植物」と言い、これらの植物の根元を掘ると昆虫や動物の死骸が出てくると言われています。以前、他人のブログの中でこの花を「青木ケ原樹海の自殺者の上に咲く花」と紹介された記事を見たことがあります。もっと無責任なブログでは、この花が樹海の中で人型に群生していたなどというのもありました。

A07-640.jpg

白というより、蝋のような白さで、山野草の愛好家の間では「水晶蘭」などと呼ばれ愛されているそうです。この花が果実になる前の下の写真の姿が、ゲゲゲの鬼太郎の「目玉のおやじ」にそっくりだという訳ですどうでしょう、そっくりだと思いませんか? 5月の連休ころから7月頃まで、当社のBコースの途中で見られますので、ぜひ、目玉のおやじに逢いにお越し下さい。

目玉おやじ4.jpg
posted by スタッフ at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物