冨士エコツアー・サービスのガイドコース (全6コース)

2015年07月23日

◆富士山で重傷事故発生

◆富士登山の81歳 転倒 重傷 2015.7.23 山梨日日新聞

  22日午前6時5分ごろ、富士山七合目付近の吉田口登山道で、下山していた岡山県久米南町全間、無職岩本義夫さん(81)が転倒し、あごの骨を折る重傷を負った。富士吉田署によると、山梨県側の富士山で1日の開山以降、登山者が重傷を負った事故は初めて。
  富士吉田署によると、岩本さんは大阪府内の旅行会社が企画した東京都内発の一泊二日のツアーに参加。ツアー参加者は約50人で21日に同登山道から入山し、七合目の山小屋に宿泊。岩本さんは体力を消耗していたため、ガイドから下山を勧められたという。このため岩本さんは22日午前6時ごろから、ほかのツアー客10人と下山を始めたが、約100メートル下った地点で転倒。「頭がくらっとした」と話していて、登山道の岩にあごをぶつけたとみられる。他のツアー客が山小屋に知らせ、山小屋関係者が119番。五合目から救急車で病院に搬送された。


posted by スタッフ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故