冨士エコツアー・サービスのガイドコース (全6コース)

2015年04月08日

◆樹海にも遅い春がやってきました。

◆早春に黄色の花が多いのは?


冬の終わりから早春にかけて、樹海の林縁では「ダンコウバイ」「アブラチャン」や「キブシ」「ミツマタ」などの黄色の花が目につくようになります。早春の花はなぜ黄色が多いのでしょうか?

植物が目立つ美しい花を咲かせるのは、人の目を楽しませるためではありません。蜜を吸いに来る昆虫を呼び受粉するためで、そのために蜜を出すのです。春が半ばになると他の花が次々と咲き、虫を呼び寄せるライバルが増すので、その前に一足早く虫を呼ぶ策を取っているのです。黄色の花弁は光が通りやすく、花の中で反射して温度が高くなるという測定結果があります。まだ寒い中、やっと花にたどり着いた昆虫が暖かい花の中では活発に動き、花粉をメシベに受粉させてくれるのです。人も同じように春先の黄色の花を見ると、春が来た!と元気をもらいます。同じく早春を知らせる黄色い花に「マンサク」がありますが、東北地方で『まんず咲く』と呼ばれて付いた名前だといわれています。


ダンコウバイ.jpg

◆ダンコウバイ(檀香梅)/名前に梅という字が付くが、ウメ科ではなく、クスノキ科の植物で、種子や葉に強い香りがある。秋の黄葉も素晴らしい。
アブラチャン.jpg
◆アブラチャン(油瀝青)/アブラは日本語の「油」で、チャンは中国語で「瀝青」と言ってコールタールのような油をさす。つまり『アブラ・アブラ』ということになります。種皮や樹皮など木全体に油が多い木ということらしい。
キブシ2.jpg
◆キブシ(木五倍子)/キフジ(木藤)とも呼ばれる。和名は果実を染料の原料である五倍子(ふし)の代用に使ったことによるもの。江戸時代の既婚者の「オハグロ」の染料に使ったとされる。
ミツマタ.jpg
◆ミツマタ(三椏・三叉)/この枝は必ず三つに分岐するためこの名があります。和紙の原料としてコウゾ(楮)とともに、一万円札を作るのに使われる。
マンサク2.jpg
◆マンサク(満作・万作)/『まんず咲く』のほかに、花が沢山つくので、縁起を担いで「豊年満作」からという説もある。
posted by スタッフ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物