冨士エコツアー・サービスのガイドコース (全6コース)

2017年06月04日

◆富士山に男性遺体 富士吉田署が収容 


◆富士山8合目付近、身元特定急ぐ  2017.05.21 山梨日日新聞

 富士山8合目付近で遺体を発見したとの通報が富士吉田署にあり、同署は20日、男性の遺体を収容した。男性は登山中に滑落したとみられ、首の骨が折れていた。所持品などから30歳以上とみられ、同署が身元の特定を急いでいる。
 同署によると、通報した男性は19日午前11時ごろに遺体を発見、下山後の午後4時40分ごろに通報したという。同署員らが20日に現場に向かい、遺体を収容した。

◆富士山遭難 遺体の身元確認 2017.06.09 山梨日日新聞

 富士吉田署は6月7日、富士山8合目付近で5月に遺体で発見された男性の身元は、ベトナム国籍、千葉県香取市野田、技能実習生ファム・クァン・クァンさん=当時(31)=と判明したと発表した。
 同署によると、遺体は5月19日午前11時ごろ、富士山8合目の吉田口登山道で登山者に発見され、同署が身元確認を進めていた。
posted by スタッフ at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故

2017年06月03日

◆富士山で男性滑落

◆富士山8合目で男性滑落  2017.05.06 山梨日日新聞

 5月5日午後6時10分ごろ、富士山8合目付近で約10メートル下に滑落したと、登山者とみられる男性から110番があった。富士吉田署によると、男性は脚の痛みを訴えており、同署員と県警ヘリ「はやて」が6日早朝から救助に向かう。
 同署によると、男性は5日、仲間と2人で吉田口登山道から登山を始め、仲間は既に下山したとみられる。男性は滑落後に自ら110番したという。

◆富士山で滑落の男性救助  2017.05.07 山梨日日新聞

 富士山8合目付近で男性が滑落した事故で、富士吉田署は6日、男性を発見、救助した。男性は両足を打つなど軽傷。
 同署によると、男性は中国籍、東京都豊島区池袋本町2丁目、会社員韓暁東さん(43)。同日午前11時ごろ、8合目付近で署員が発見し、富士吉田市内の病院に搬送した。
 韓さんは5日、友人と2人で吉田口登山道から登山を始め、同日午後5時45分ごろ、8合目の山小屋「元祖室」付近で足を滑らせ、やく40メートル滑落した。
posted by スタッフ at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故

2017年01月22日

◆タモリさんの富士登山 2015.8. 

日本一の高低差(笑)
富士山はやっぱり
おもしろかった!
ブラタモリ5.jpg

 だいたい高所恐怖症ですから、山にはあまり興味がない。でも、富士山にはずっと行きたいと思ってたんです。特に宝永火口。あれはちょっと尋常じゃないぞと気になっていたので。火山学者の先生に、あのトンガリは下に埋まった古い火山がゴツンと出ているんだと聞いて「ははーっ、痛み入りました」って感じです。きれいな独立峰といっているけど、その下には無残に飲み込まれ、一生日の目をみない頂が3つある。あれがちょっと出たのは意地だったんでしょうね(笑)。説明を聞いて行ったので、見方が全然違いました。自分一人で行ったとしたら、あそこまで痛み入ることはなかったと思いますよ。
 実際、富士登山はキツかった。体力的にというより酸素不足でしょう。ちょっと動くと疲れるんです。とはいえ、山頂での気分は格別でした。あんな高いところには初めて登りましたから。周りに何も見えないんだものね。全部が雲の下っていうのは初めての経験です。
 ただ、もう一回行けと言われたら宝永のほうに行きます(笑)。おもしろさときれいさで勝るし、火口の底にも下りられますから。ロケでは行かなかった宝永山の向こう側にも行ってみたいですね。

posted by スタッフ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山登山

2017年01月15日

◆2017年 富士登山の申込み受付開始!!

●初心者のためのゆったり富士登山ツアー2017

    今年こそ!富士登山へのお誘い


【日本一早く〆切になる理由】


@初心者ばかりで登る少人数制の個人登山。

A小さなお子様から年配者までコースごとに別々で登る。

B新幹線の駅から五合目・お風呂・ホテル送迎サービス付。

Cベテランガイドが高山病になりにくいペース配分でご案内。

D自分たちに合った5つのコースが揃っている。



7b6669a5-800.jpg


登山が初めてでも、ひとりでも安心してご参加ください。富士山に登りたいと思っていても初めての登山で不安、仲間がいなくて登る機会を逸している、大手旅行社の団体弾丸ツアー登山では自信がないと言うお客さまに無理なく、安全に富士登山をサポートさせて頂きます。ご自分達に合った下記5つのコースからお選び下さい。


   S1コース/プライベート富士登山一泊二日コース

   ●S2コース/ファミリー富士登山一泊二日コース

   ●S3コース/レディース富士登山一泊二日コース

   ●S4コース/中高年だけの富士登山一泊二日コース

S5コース/富士山頂・ご来光・富士登山一泊二日コース


富士山は誰もが愛し、敬い、あこがれる山です。だからこそ多くの人が登りたいと思い、毎年30万人以上の人々が登頂しています。『富士に登らぬ○○、二度登る○○』という言葉があります。富士山には登りたいが、初心者にはルートや装備など、何かと不安が多いと思います。そこで『冨士エコツアー・サービス』のベテラン登山ガイドが、幼児から年配の方まで、無理なく、安全に富士登山をサポートさせて頂きます。



冨士登山パンフレット2017-1.jpg
◆2016年8月 女性誌「STORY」の専属モデル・稲沢朋子さんがプライベートコースでご参加頂きました。


富士山の五合目から山頂への一般的なルートは四つあります。『吉田口・河口湖口』と『須走口』、『御殿場口』、『富士宮口』の四大登山道です。五合目から山頂まで、平均すれば、高度差1500m。道のり6000m。所要時間約6時間の道程です。一番登山者が多いのが『吉田口・河口湖口ルート』で、シーズン中は登山者で混雑し、登山道の途中で渋滞する事もしばしばです。又、脱落者がいちばん多いのも、この吉田口・河口湖ルートです。当社がご案内するルートは、一番標高差が少なく、最短距離で登れる『表富士・富士宮口』から登頂いたします。頭上に剣ケ峰をとらえながら、太平洋を背にしてほぼ直線的に登る爽快な景観をお楽しみ頂けます。


下山道は『大砂走り』で有名な『御殿場口ルート』を利用し、途中から宝永火山越えの近道を下りてまいります。つまり、登頂に一番楽で、景色が素晴らしい登山道と、下山が一番楽しく、近道のコース設定をしています。2008年に皇太子殿下がこのコースを逆に登られて、現在は『プリンスルート』として人気コースになっています。又、一般の登山者は、山頂でのご来光を目指して、夜道を懐中電灯を頼りにひたすら修験者の如き、難行苦行をする訳ですが、初心者には辛い、苦しいだけの富士登山はお勧めできません。当コースでは、明るい時だけの登山で、周囲の風景を存分にお楽しみ頂きながらの富士登山となります。

どうしても富士山頂での「ご来光」にこだわるお客さまは、S1コース又はB5コースをお選び下さい。



S55-1000.jpg
◆2018年8月 タレントの水道橋博士も5歳の息子さんと二人で登頂。

2060032_201509300474014001443594604c.jpg
◆2015年8月 NHK「ブラタモリ」で70歳のタモリさんも富士宮口から登頂成功。 

2014.7.  山中教授.jpg
◆2014年7月 ノーベル賞の山中伸弥先生もお嬢様とお二人でプライベートコースで登頂。

2014.9. 乃木坂46.jpg
◆2014年8月 乃木坂46のメンバー7人の内、6人が登頂成功しています。



※富士山では、なるべく平日登山で、満足度の高い富士登山をお勧め致します。



posted by スタッフ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山登山

2017年01月13日

◆2016年 稲沢朋子の富士登山

富士山登頂を思い立ったのは

NY出張がきっかけ。

日本を知りたい!と強く思ったんです


カバーモデルとしてやっていけるのかプレッシャーでいっぱいだった今年の春、不安を口にできず、とにかく堂々としていなければとガチガチになっていました。そんなとき仕事で初めて訪れたNY。街の圧倒的なエネルギーが、ほんの少し自信をくれたような気がしたんです。そして帰国して感じた、私は日本のことをよく知らないということ。海外の人に日本を伝えるなら、日本一の山に登っておかないと語れないでしょ!原点回帰したい気持ちがむくむくと湧き上がってきたんです。もっと日本を知りたい!と富士登山を決めたけれど、せっかちな私は地味に何かをやり遂げることが苦手。そんな自分と向き合って勢いで挑戦できるのも、40代の今だから楽しんでできるのかも!と富士山頂を目指しました。



稲沢朋子3.jpg

想像も予想も超える成長を

もたらしてくれるのが旅。

だから旅はやめられない


日本を知りたいという気持ちから始まった富士登山「山と向き合うと事前の準備が万全でも想定外のことが起きて、辛い状況になればなるほどその人の本性が現れる」。そうガイドさんに言われたとき、そんな素の自分と向き合う時間が富士登山なんだと思いました。

登山という旅がひとつ終って思うことは「旅は成長!」。それは想定外の出来事を乗り越える達成感や、自分の中に新しい可能性を見出す喜びからくるものだと思います。シンデレラストーリーと言われる自分のモデル人生は、登り方も下り方もわからない恐怖と背中合わせ。だから無駄に力が入っていました。だけど一歩一歩進んで行けば必ず頂上に着くように、人生もコツコツ何かを続ければどこかで評価に繋がるだろうし苦しみがあるから達成感がある。子供たちにはそう伝えてききたつもりだったが、自分自身がまだまだ成長途中。変化を楽しめる自分がいる限り、私の旅は未完。まだまだ続いていくのだとお思います。



稲沢明子5.jpg

posted by スタッフ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山登山

2017年01月08日

◆テレビ東京「所さんのそこんトコロ」で紹介されました。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

20161217 庄司智春・横田淳チャンピョン1.jpg

◆テレビ東京「所さんのそこんトコロ」に参加しました。
 2017年1月6日(金)テレビ東京の「所さんのそこんトコロ」の番組で、2017年初出し映像スペシャル『TV初!冬の富士山超高速ドローンで激撮一富士二鷹三茄子』と題して、青木ケ原樹海の森の中を高速でドローンを飛ばす新春特番がありました。昨年の暮、ドローンの日本チャンピョン横山 淳さんと品川庄司の庄司智春さんを樹海にご案内し、3日間に渡ってロケをした模様が放映されました。
posted by スタッフ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ

2017年01月07日

◆富士山で滑落 御殿場口新六合目付近 2017.1.7 山梨日日新聞

◆富士山で滑落か 京都の男性死亡

 1月6日午前7時35分ごろ、富士山御殿場口新六合目付近の登山道脇に男性が倒れているのを登山者が見つけ、110番した。男性は海上自衛隊の3等海曹早田翔さん(31)=京都府舞鶴市余部下=で、浜松市の消防ヘリが約2時間後に救助したが、死亡が確認された。
 御殿場署によると、死因は脳挫傷で、5日に登山をしていて滑落したとみられる。現場は標高2600mで一面、アイスバーン状態になっていたという。
posted by スタッフ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月03日

◆富士山遭難相次ぐ 2017.1.3 山梨日日新聞

◆富士山 1人死亡、1人心肺停止  

 1月1日から2日にかけ、富士山で登山者の滑落事故がが相次ぎました。山梨県富士吉田署によると、男性1人が死亡し、男性1人が心肺停止状態。このほか、静岡県側で男性1人が救助されました。
 同署によると、死亡したのは神奈川県海老名市の会社員水谷忠英さん(37)。1日午後1時半ごろ、「滑落した人がいる」と110番があり、山梨県警のヘリコプターが六合目付近で水谷さんを発見。その後死亡が確認されました。死因は脳挫傷。
 さらに110番した神奈川県大和市の団体職員(45)も滑落し、静岡県警が七合目付近で救助しました。軽傷といいます。
 2日午前10時ごろは、山梨県警のヘリコプターが六合目付近で、滑落したとみられる心肺停止状態の男性を発見。県警が収容しました。

◆遭難の男性死亡確認 都内の58歳か

 富士山六合目付近の沢で2日に心肺停止の状態で発見された男性について、富士吉田署は4日、死亡が確認されたと発表した。死因は外傷性くも膜下出血。
 同署によると、男性は2日午前10時ごろね別の遭難者の救助に向かっていた県警ヘリ「はやて」が発見し、収容した。同署は所持品や知人の話などから、東京都墨田区在住の男性(58)とみて身元確認を進めている。
posted by スタッフ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故

2016年12月25日

◆富士山で滑落 2016.12.25 山梨日日新聞

◆富士山で滑落 重傷者を救助 山梨県防災ヘリ

 12月24日午後2時ごろ、富士山吉田口登山道七合五勺付近で、新潟市中央区万代五丁目、医師下田晴華さん(52)が滑落した。下田さんは数百メートル下の七合目付近で、山梨県防災ヘリ「あかふじ」に救助され、右足の骨を折るなどの重傷。
 富士吉田署によると、下田さんは23日に5人組のパーティーで登山を開始。六合目でテント泊し、24日午前6時半から山頂を目指して登山を再開した。下田さんは9合目付近で疲労のため登頂を断念、1人で下山していたところ、七合五勺付近で滑落した。下田さんから無線で滑落したとの報告を受けたパーティーの1人が119番した。
posted by スタッフ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故

2016年12月07日

◆富士山で滑落か 2016.12.5 山梨日日新聞

◆富士山で滑落か 七合目付近、登山者目撃

 12月4日午後0時15分ごろ、富士山吉田口登山道の七合目付近にいた登山者から「男性が滑落するのを目撃した」と110番があった。
 富士吉田署によると、県防災ヘリ「あかふじ」と同署の山岳救助隊などが救助に向かったが、発見できなかった。早ければ5日早朝から捜索を再開する。

◆滑落の男性死亡 七合目付近で発見

 富士山吉田口登山道で登山者が滑落した事故で、富士吉田署などは5日、七合目付近の沢で登山者を発見した。身元は東京都八王子市兵衛一丁目、会社員峰尾俊彦さん(32)で死亡が確認された。死因は脳挫傷。
 同署によると、峰尾さんは友人と2人で3日に一合目から登山を開始。六合目付近でテント泊し、4日に登頂した後、下山中、友人が八合目付近に荷物を忘れたため別行動となり、この間に滑落したとみられる。別の登山者が滑落する峰尾さんを目撃し、110番した。同署によると、峰尾さんは一合目手前の馬返しに設置されたポストに登山届を提出していたという。
posted by スタッフ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故