冨士エコツアー・サービスのガイドコース (全6コース)

2018年04月24日

◆富士山登山中に滑落事故 相次ぐ

富士山で男性滑落 県警など救助活動 2018.4.23 山梨日日新聞

4月22日午前6時20分ごろ、富士山九合目付近で、東京八王子市の30代男性が滑落したと110番があった。男性は左足に痛みを訴えて身動きが取れなくなっており、県警山岳警備安全対策隊や静岡県警などが救助に当たった。静岡県警によると、男性は単独で下山していた際、数十メートル滑落したという。携帯電話で自ら119番し救助を求めた。隊員は山梨県警ヘリ「はやて」で六合目付近に降り、男性を発見して救助に当たった。現場はアイスバーン状態だったという。

◆中国籍の男性 富士山で滑落 2018.4.21 山梨日日新聞

4月20日午後1時20分ごろ、富士山八合目付近で、中国籍、自称自動車整備士、ファハダ・アリさん(20)が滑落したと連絡を受けた友人が富士吉田署に届け出た。けがはなかった。同署によると、ファハダさんは同日午前7時ごろ単独で入山し、午後0時45分ごろ、八合目付近で風にあおられて約60メートル滑落した。右足のアイゼンが壊れたため、友人に携帯電話で連絡。午後4時25分ごろ、同署員が七合目付近で救助した。

◆登山中に滑落か 男性遺体を収容 2018.3.19 山梨日日新聞

静岡県警御殿場署は3月18日、富士山の御殿場七・五合目付近で男性の遺体を収容した。服装などから16日に行方不明届が出ていた40代男性とみて身元確認を急ぐとともに、死因を調べている。御殿場署によると、登山中に滑落したとみられる。男性の車が御殿場口五合目の空き地で見つかった。
posted by スタッフ at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山遭難事故

2018年01月23日

◆ブラタモリの樹海の本が出ました。

◆ブラタモリで近江友里恵アナウンサーの感想


ブラタモリ本2.jpg

   樹海では方位磁石が狂わない! を発見出来て大満足。

                   

         風穴は寒いし 滑るし 大変な場所でしたね、


近江友里恵5.jpg樹海って、普通は行かない所ですよね。友だちとの旅行先としても、たぶん選びません(笑)。だから、樹海でロケと聞いたときも「何しに行くのかな?」と思いました。


実際は行ってみると、植生がずっと同じなので景色が変わらないし、太陽が見えないので方向もよくわからない。ガイドの方がいなかったら、本当に迷ってしまいそう。でも、そんなに怖いところという印象はなかったです。

おもしろかったのは、方位磁石の実験。よく噂で「樹海に入ったとたん、方位磁石がぐるぐる回る」と聞いていましたが、針の向きが変わるのは、磁鉄鉱という鉄分を含んだ石のそばだけで、あとは普通に使えました。しかも、そういう岩もたくさんあるわけではなくて、必死でスタッフが探すほどピンポイントのものだったんです。方位磁石が狂わないという真相を発見できてよかったです。磁石好きなので、磁石がくるくる回るところを見られたのも、嬉しかったです(笑)。


ブラタモリ A[1].jpg
◆当社の名物ガイド・栗林 秀旭がタモリさんを御案内しました。◆


タモリさんは、赤色立体地図の生みの親、千葉さんに会えてうれしそうでしたね。地図誕生の裏に樹海の存在があったことを知ったときは、タモリさん、ますますテンションがあがっていました。

最後の富士の風穴に行きましたが、中は本当に寒かったです。夏なのに氷が残りびっくりするほどひんやりしていました。しかも、氷の上を歩くときに滑ってしまって。寒いし転びそうになるし、ちょと辛い思い出です(笑)。


ブラタモリ @[1].jpg

ブラタモリ D[1].jpg

ブラタモリ B[1].jpg

posted by スタッフ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 青木ヶ原樹海

2018年01月15日

◆大相撲初場所 幕内竜電初日飾る

◆山梨県出身の期待の力士・竜電


竜電5.jpg

2018115日の地元紙・山梨日日新聞の一面トップ記事は、写真のように大相撲の初場所の初日に地元出身力士・竜電が初日に勝ったという記事が一面トップを飾った。


竜電4.jpg


山梨県の郷土力士として30年ぶりに新入幕を果たした甲府市出身の竜電は、角界入り後、順当に出世して十両まで上がり関取の座を射止めた。だが、直後に再起不能といわれた大怪我に見舞われ、番付はどん底へ。それでも自らを奮い立たせて治療、稽古に励む中で心技体に磨きをかけ、見事、復活を果たした苦労人。


竜電3.jpg


 四股名(しこな)のルーツとなった江戸時代の伝説力士・雷電のように、後世に語り継がれる力士になって欲しいとの願いからと言われる。山梨県の地元力士と云えば、戦前に活躍した富士ケ嶽(のちの若港)を始めとして、「富士」の四股名を全国にとどろかせたのが、幕内優勝をした押し相撲の富士錦。小結まで昇進した富士錦を慕って、山梨から入門する力士が続き、ほとんどが「富士」を用いた。(富士晃、富士昇、富士桜など)。意外にも、同じく富士山を擁する静岡県出身には力士が少ない。


続きを読む
posted by スタッフ at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月04日

◆一富士 二鷹 三茄子

◆「一富士二鷹三茄子」ルーツは三保にあり!?
一富士二鷹三茄子7.jpg
2018年正月の2日にNHK「ブラタモリ・初夢スペシャル」の番組があった。テーマが「一富士二鷹三茄子」のルーツは三保にあり!?として三保の松原が「一富士二鷹三茄子」の発祥だと決めつけていた。
一富士二鷹三茄子1.jpg
『一が富士山』で、二が『足高山(愛鷹山)』、三が『折戸茄子』だとしていた。一番が富士山は納得します。しかし二番目に高い山が足高山か? 三番目の折戸茄子の値が高いというのも天下の家康らしくない。
一富士二鷹三茄子3.jpg
この他の説としては、
@徳川家康の好物を並べた。一に富士山、二に鷹狩り、三に好物の初物の茄子。
A富士⇒「無事」、鷹⇒「高い」、茄子⇒「成す」に懸けた言葉遊びとする説。
B冨士は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、茄子は「成す」に通じるとする説。
C江戸の駒込富士神社に由来するとする説。
  駒込の富士神社の周辺に鷹匠屋敷があり、名産品として駒込茄子があった。
D日本三大仇討ちに由来するという説。
  富士は「曽我兄弟の仇討」(富士の裾野)、鷹は忠臣蔵(主君浅野家の紋所が鷹の羽)、
  茄子は「鍵屋の辻の決闘」(伊賀の名産品が茄子)などなどの諸説あります。
                 一富士二鷹三茄子2.jpg
また、この「一富士二鷹三茄子」には続きがあり、『四扇(しおおぎ)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(六ざとう)』となりますが、この話はまた後日

続きを読む
posted by スタッフ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月02日

◆ダイヤモンド富士とパール富士

◆2018年元日のダイヤモンド富士の初日の出とパール富士
2017.1.元旦 ダイヤモンド富士.jpg
 2018年の元旦は、朝6時から「富士山と初日の出」のテレビ中継を民放各局から放送されていました。こちら富士河口湖町の富士ケ嶺地区では、毎年、上のような『ダイヤモンド富士』の初日の出が拝めます。
パール富士3.jpg
 今年は偶然にも今日2日が満月で、元日の朝の『ダイヤモンド富士』を撮影し、夕方は『パール富士』の撮影が出来るという大変珍しいチャンスに恵まれました。日没後の夕方5時20分でしたから、私の安物のデジカメでの夜景モードで撮影は、大変画面が荒れて月の形が上手く映りませんでした。
パール富士2.jpg
 ダイヤモンド富士は、毎年同じ場所から同じ時間に姿を表しますので、比較的撮影は簡単ですが、パール富士は4年に一回しか同じ場所に現れません。又、昼間は明るすぎて月が写りません。夜は暗くて富士山が写りません。満月が夕方のタイミングに富士山の山頂に現れる日しか撮ることが出来ない貴重な瞬間です。2年前に「田貫湖」で撮影したパール富士の写真が上と下の写真になります。スマホでも撮影できますから、どうぞ皆さま、カメラを持ってお越し下さい。
パール富士4.jpg
天気が悪くては現れませんが、明るくても、暗くても、撮影のできない難しい被写体です。
続きを読む
posted by スタッフ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月01日

あけましておめでとうございます。

武田流門松のお話


門松5.jpg

最近の一般家庭では、ほとんど見かける事が少なくなったお正月の『門松』に『武田流門松』というのがあるのをご存知でしょうか?。

門松3.jpg一般的な門松の竹は「ソギ」といわれる斜めの切り口で、その切り口が笑った顔のように見え『笑門来福』と縁起を担いだりしますが、山梨県の門松の竹は「寸胴」といわれる竹を真横に切った姿で、そして松の上に高くた竹を飾り付けるのが特徴です。


 門松の歴史は古く、平安時代から鎌倉時代にかけて普及したといわれています。現在の「竹と松の門松」は戦国時代からで、考案したのは松平家(後の徳川家)だといわれています。門松の松は松平家(徳川家康)、竹は武田家(武田信玄)を意味しています。徳川家康が生涯唯一の敗北「三方ヶ原の戦い」の後の正月、武田信玄は家康に書状を送ります。

『松枯れて たぐひなき あしたかな』


※戦に負けた松平家は衰退し、我が武田家はさらなる栄華を手にするであろう。これに激怒した家康は、竹を持って来させ、信玄の首を落とすように斜めに切り、松を周りに高く飾り付けた「門松」を信玄にか送った。


『松枯れで たけだ首なき あしたかな』


※松は枯れることなく、必ずや武田の首を落とし、そして松平家はその屍を乗り越えて繁栄することであろう。と返書したというエピソードが残っています。


門松6.jpg

上の写真は、山梨の菓子・信玄餅の桔梗屋さんの玄関に飾られた門松で、他に武田神社(躑躅ケ崎館)や恵林寺で見ることが出来ます。

posted by スタッフ at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山面白話

2017年12月21日

◆一年間のご愛顧ありがとうございました。

メリークリスマス5.jpg
サンタクロースの富士山.jpg

今年一年間、エコツア―へのご参加ありがとうございました。
2017年最後のご挨拶を数年前の撮った「サンタクロースの富士山」の写真でお伺いさせて頂きます。
2018年のお申込みは、1月15日(月)からお受けさせて頂きます。
来年も今年同様、宜しくお引き立てお願い申し上げます。

スタッフ一同
posted by スタッフ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山

2017年11月26日

◆富士山の面白話

◆富士山の宝永噴火の前兆現象???


江戸時代の宝永4104日(17071028日)東海道沖から南海道沖を震源とする震度七クラスの巨大地震があった。その49日後の宝永41123日(17071216日)に富士山の大噴火があり、現在の富士山南東側にある宝永火口が出現した。

宝永山.jpg

※富士山最後の噴火・宝永火山の火口の底で食事して帰るコースが当社のCコース。

 江戸時代の大道寺友山重祐(16391730)という兵学者が享保12年(1727)に著された「落穂雑談一言集」(東京都公文書館蔵)は、江戸初期の政治・経済・社会・文化等の各分野の事始め的なものが随筆風に書かれている。

その中に次のような面白い話が書かれている。

 『富士山の東の裾野の御厨(みくりや)というところに「浄光寺」という小さなお寺があった。噴火のはじまる1123日の前日の夜半過ぎ、この寺の和尚さんは、なにやら人が数百人も通り過ぎるような物音を聞いた。不思議に思った和尚さんが、垣根のあいだから外をのぞくと、幾万という獣が富士山の方から甲斐国を目指して走り過ぎていくのが見えた。

 夜が明けようとするころまだ獣の列は続いている。よく見ると日頃見かけない動物もたくさん混じっている。さらに2時間ほどすると、さすがに通り過ぎる獣もまばらになった。富士山中の獣が脱出したかと思われるころ、身の丈一丈(3m)もあろうかという熊のような動物が出てきた。背中に日本の角があり、体中に眼がある。眼光が鋭い。獣の総元締めと見えて人間のように二本足で立ち、手を広げて他の獣を追い立てるようにして通り過ぎて行った。変だなあと思っていると、まもなく富士山の噴火がはじまった。富士山の主であるという。』

 火山の噴火の直前に、沢山の動物がその山域から群れを成して脱出するという話は、いくつかの例が知られているので、この話も事実に基ずくものかもしれない。


posted by スタッフ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山面白話

2017年11月03日

◆富士エコツアー・サービスを取り上げて頂いたテレビ番組 66 

◆12年間に紹介されたテレビ番組一覧 66


@    2006.06.16  TBSテレビ『イブニングファイブ』

A   2007.05.27 テレビ静岡 『わがまま!気まま!旅気分!』

B    2007.08.09 日本テレビ 『ニッポン旅×旅ショー』

C    2008.09.11 NHK総合 『ゆうどきネットワーク』

D    2009.04.02 日本テレビ 『土曜特番・禁断のウラ辞典ザ・タブー』

E    2009.07.15 日本テレビ 『スッキリ!』富士山五合目落石事故

F    2009.08.04 日本テレビ 『スッキリ!』親子で触れ合う夏休み特集

G    2009.09.26 TBSテレビ『王様のブランチ』

H    2009.12.21 日本テレビ 『スッキリ!』片山右京の富士山遭難事故

I    2010.03.27 TBSテレビ『王様のブランチ』再放送

J    2010.05.30 日本テレビ 『幸せを呼ぶ開運ドライブ旅行』

K    2010.08.29 TBSテレビ『王様のブランチ』再々放送

L    2010.10.20 NHK国際 『NEWS LINE』

M   2010.10.21 TBSテレビ『地球のしゃべり方』

N   2011.01.04 日本テレビ 『幸せを呼ぶ開運ドライブ旅行』再放送

O   2011.01.08 テレビ朝日 『お願い!ランキング・マル秘・怪しい噂』

P   2011.02.26 テレビ朝日『報道発・ドギュメンタリー宣言』

Q   2011.03.01CATV富士五湖『LOHASな生活を目指して』

R   2011.05.29 TBSテレビ『地球のしゃべり方』再放送

S   2011.06.25 大阪・朝日放送『朝だ!生です!旅サラダ』  

  2011.08.15 CATV全国放送『おいでよ富士山!』

  2011.10.04 NHK国際 『ジャニーズ・イン・ジャパン』

  2011.10.20 フジテレビ 『めざましテレビ・ココ調』

  2011.10.31 静岡朝日テレビ『とびっきり!しずおか』

  2012.01.29 テレビ朝日『報道ステーションSUNDAY』

  2012.01.30 テレビ朝日 『モーニングバード』

  2012.01.31 テレビ朝日 『やじうまテレビ』

  2012.02.03 日本テレビ 『スッキリ!』 

  2012.02.05 テレビ朝日 『サンデー!スクランブル』

2012.0714 NHK総合  『あさイチ!JAPAナビ』

  2012.11.05 テレビ東京 『大人の極上ゆるり旅』

  2013.03.20 テレビ静岡 『近い遺産』

  2013.05.14 テレビ朝日 『ワイドスクランブル』

㉞ 2013.06.22 NHKBSプレミアム『まるごと知りたい!ニッポンの宝!富士山AtoZ』

㉟ 2013.06.23 テレビ朝日 『サンデー!スクランブル』

㊱ 2013.06.29 日本テレビ 『ズームイン!!サタデー』

㊲ 2013.09.01 SBSテレビ『な〜るほどトラベラーズ2

㊳ 2014.01.02 NHKBSプレミアム『まるごと知りたい!ニッポンの宝!富士山AtoZ』

㊴ 2014.01.30 BS朝日    『ボクらの地球』

㊵ 2014.02.02 日本テレビ 『ニノさん』

㊶ 2014.04.22 NHK総合 『あさイチ!JAPAナビ』

㊷ 2014.07.01 テレビ朝日 『ワイドスクランブル』

㊸ 2014.07.04NHK8Kテレビ取材班『富士−森羅万象』ロケ

㊹ 2014.07.14 BS−TBS『ニュース少年探偵団』

㊺ 2014.09.07 テレビ東京 『乃木坂って、どこ?』

㊻ 2015.08.10 テレビ朝日 『ワイドスクランブル』

㊼ 2015.10.24 NHK総合 『ブラタモリ』

㊽ 2015.10.26 テレビ朝日 『ワイドスクランブル』

㊾ 2015.10.31 NHK総合 『ブラタモリ』

㊿ 2016.01.20 フジテレビ『世界の何だコレ!ミステリーSP』

@ 2016.01.25 NHK総合 『ブラタモリ』

A 2016.03.01 日本テレビ『東日本大震災から5年、教科書では学べない災害』

B 2016.07.18 テレビ朝日 『スーパーJチャンネル』

C 2016.08.10 フジテレビ 『世界の何だコレ!ミステリーSP』再放送

D 2016.08.18 テレビ朝日 『スーパーJチャンネル』

E 2016.08.20 大阪・毎日放送 『せやねん!』

F 2016.10.02 日本テレビ 『月曜から夜ふかし』

G 2016.10.15 NHK総合 『ブラタモリ』

H 2016.10.25 テレビ朝日 『スーパーJチャンネル』

I 2017.01.01 NHK総合『富士−森羅万象−大山行男が撮る神秘の素顔』

J 2017.01.06 テレビ東京 『所さんの学校では教えてくれない、そこんトコロ』

K 2017.01.17 テレビ東京 『昼めし旅』

L 2017.03.21 名古屋東海テレビ『みんなのニュースONE』

M 2017.04.20 NHK総合 『ニュース・ジブ5時』

N 2017.05.18 NHK総合 『あさイチ!JAPAナビ』

O 2017.11.02 NHKBSプレミアム 『ニッポンぶらり旅』

続きを読む
posted by スタッフ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ

2017年10月31日

◆富士の見える不思議な滝の写真

2014年発行の『レンズが撮らえた幕末明治の富士山』という本の中に不思議な滝の写真が掲載されていた。国際文化研究センターというところが所蔵している「瀧」というタイトルの下の写真。

幕末から明治にかけて撮影されたと思われるが、撮影者も撮影年代も不詳で、長い間、私達ガイド仲間の間でも、どこで撮られた写真なのか疑問だった。富士山の形から推測すれば、白糸の滝方面から見る富士の角度だと思うのだが、白糸の滝・音止めの滝・陣馬の滝のどこにも当てはまらない。もしかして、幕末から明治頃までは白糸の滝の崖からの白糸は流れていなかったのかもしれないとい人もいた。


               不思議な滝の写真.jpg


ところが最近、ヤフーオークションにこれと似た滝の写真の絵葉書が出品されているのを発見。早速、入札して落札できた。それを見てビックリ、富士宮の「音止の滝」の絵葉書だった。白糸の滝から富士山が望めるのは知っていたが、音止の滝から富士山が見えるとは思ってもいなかった。現在ではすっかり対岸に森が出来て、富士山を見ることはできない。



音止の滝ハガキ.jpg

下の写真が現在の音止の滝で、対岸に富士山を望むことはできない。方向からすれば富士山が見えても何ら不思議はなかったのだが、まさに「灯台下暗し」とはこのことか。



OTODOME_FALL01.jpg



続きを読む
posted by スタッフ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山